子供靴の通販ならフランチェスカへ

ナチュリーノ、リヒター、リコスタ取扱店

子供靴のフランチェスカ

子供靴を選ぶパパ・ママ

皆さんは足に何かトラブルをお持ちですか?扁平足で疲れやすい、外反母趾で親指が曲がっている、かかとが痛い、足裏にたこや魚の目があるなど、足には様々なトラブルが存在します。このサイトをご覧になっている方でも足に何かしらのトラブルを抱えている人が多いのではないでしょうか。特にママさんは・・・。

ほとんどの子供達は足に何ら問題なく生まれてきます。でも、そのまま問題なく綺麗な足で成長し続ける子供達はほんのわずかしかいません。成長する過程でいろいろな横やりが入ってくるのです。

ある一定の時期まで子供の足を綺麗に問題なく成長させるのは、親の役目です。風邪を引いたらすぐに病院へ連れて行って薬をもらう、予防接種を受けさせる、公園で遊ばせるときはケガをしないように気をつける、これらのことと同じように靴についても親が責任を持って選ぶ必要があります。子供達はまだ自分の意思で良い靴を選べないのですから。

子供の足は骨格がまだ柔らかく、無理な状態を強いると簡単に変形します。値段が安いから、脱ぎ履きしやすいからという理由で靴選びをしないでください。 実際に店で靴を買う場合は、販売員のアドバイスを聞きながら、パパとママが試履きしたお子様の足を触ってみてどのサイズが良いかを決めるようにしてください。 子供の足はどんどんと成長します。2歳までの足は毎月約2mm、その後は毎月約1mm成長していきます。靴は2歳までは3ヶ月ごと、その後は半年ごとに買い替える必要があります。その買い替え時期をチェックできるのはパパとママしかいないのです。

子供靴の特徴

トゥー・キャップ 

歩いているときの衝撃からつま先を守ります。

カウンター 

成長過程にある子供たちの足のことを考えてデザインされています。足がサイドに倒れるのを防ぎ、かかとが靴の中でベストなポジションに収まるよう設計されています。縦アーチのサポートと共に土踏まずが下に落ちるのを防ぐ効果もあります。

トップライン 

柔らかいクッション材が入っており、締め付けても痛くありません。

ベロ 

脱ぎ履きしやすいように、前の方まで開きます。

ソール 

衝撃を吸収する素材を使用しています。子供たちの足を保護するため、滑りにくい素材となっています。

アーチサポート 

足裏のアーチ構造を維持するため、軽量で柔らかい作りになっています。

ヒール 

子供たちがスムーズに歩けるよう、ヒールの高さは研究されて作られています。

アッパー 

数多くの革を縫い合わせて作られています。皮膚を圧迫しないようにソフトな高級革を使っていて、子供たちの足を優しく包み込みます。

靴構造図

子供靴のフランチェスカ TOPへ